高専・サッカー部

2015年07月14日

全国高等専門学校サッカー選手権予選北信越大会
PK戦の末、富山高専射水キャンパスに惜敗

7月11日(土)〜12日(日)にかけて、能美市の石川県サッカー・ラグビー競技場、小松市の小松市民センターグラウンドにて、第48回全国高等専門学校サッカー選手権予選北信越大会が行われました。

  金沢高専は11日(土)10:00からの第2試合で富山高専射水キャンパスと対戦しました。射水キャンパスとの高専大会での対戦は平成24年以来になります。前回は1−6で敗れました。

 先週までの雨模様の天気とはうってかわり、30℃前後の暑い中での試合となりました。前半・後半のそれぞれの間にも給水タイムを取ることとなりました。

 前半から攻められる場面が多く見られましたが、チーム一丸となって必死に守りました。途中何度かこちらの攻撃も見られましたが、得点にはつながらず0−0で折り返しました。

 後半に入り両チームの動きが徐々に落ちてくる中、総力戦となってきました。選手層の厚い射水は交代要員を投入していきましたが、金沢高専は1名の交代のみでの戦いでした。後半にも危ない場面が何本もありましたが、守り切り延長戦へと突入しました。

 延長戦もお互いに得点をあげられないまま、PK戦に突入しました。PK戦では、射水が5人とも成功させる中、金沢高専は3人目が惜しくもキーパーに止められ、3−5で敗れました。

【試合結果】
金沢高専0−0富山高専射水
(前半0−0、後半0−0、延長前半0−0、後半0−0、PK3−5)

 なお、大会は福井・長岡高専を破った石川高専と富山高専射水キャンパスを破った長野高専の決勝となりました。決勝は前半・後半に1点づづを取った石川が、長野の反撃を1点に抑え勝利。石川が昨年優勝の長野をやぶり、2年ぶり13回目の優勝で大会の幕を下ろしました。全ての試合が2点差以内という、北信越地区のチームの拮抗具合を示す大会でした。

 優勝の石川高専は北信越の代表として8月に大分県で行われる全国大会に出場します。

がんばって下さい。

 

2013サッカー_集合サッカー部活動
通年 月・火・水・木・金 16:00〜19:00
グラウンド
全国高専体育大会出場を目指し、チーム一丸となって練習に励んでいます。経験者・初心者を問わず、サッカーが好きな人、やる気のある人を待っています。

 

 

  


金沢工業高等専門学校 公式facebookページ https://www.facebook.com/KTCNews

投稿者:金沢高専at 14:32| 金沢工業高等専門学校_運動部