会報こぶし連載

№50【新 ふるさと自慢】高知県

2012年8月22日

 ■ 旬を食す皿鉢料理と神秘的な鍾乳洞

 

■ 宴会好きな土佐人にぴったり

 

高知県・皿鉢料理HP用.jpg
  豪華な食材がふんだんに盛られる
  提供/㈶高知県観光コンベンション協会

皿鉢料理は、宴会や冠婚葬祭に欠かせない土佐を代表する郷土料理です。大皿に旬の幸をふんだんに盛り付け、好きなものを好きなだけ食べるそのスタイルは、南国・土佐の人々の自由で豪快な気質を象徴していると言えます。

皿鉢料理の基本となるのは、カツオのたたき、マグロ、ヒラメなどの刺身が並ぶ「生(刺身)」、サバ1匹を丸ごと使った姿寿司や山菜、こんにゃくが具材の田舎寿司が盛られる「寿司」、煮物や揚げ物、デザートなどで飾る「組みもの」の3種類です。
盛り付け方や食材に細かな決まりごとはなく、しゃもすき鍋や鯛そうめんを加えるなど、地域や家庭によってさまざまな内容の皿鉢料理があるのが魅力です。
 堅苦しさがない皿鉢料理は、大人も子供も一緒に参加し、宴会の中では土佐箸拳やベロベロの神様と呼ばれる酒席遊びをして楽しみます。お酒を飲むことが大好きな土佐人にとって、ぴったりな宴会料理なのです。
 
 

■ 日本3大鍾乳洞のひとつ

高知県・龍河洞壺神の壺HP用.jpg
   「神の壺」(中央)は、壺の形が
   はっきりと分かる

 龍河洞は、高知市から東に約20㎞に位置する香美市土佐山田町にある鍾乳洞です。約1億7500万年の歳月が生み出した鍾乳石の造形美は、国の天然記念物、史蹟に指定されており、岩手県の龍泉洞、山口県の秋芳洞と並ぶ日本3大鍾乳洞のひとつです。

 洞窟の総延長は約4㎞で、内部は迷路のように入り組んでいます。洞窟内では大小さまざまな鍾乳石が神秘的な世界を形作っています。なかでも音無の滝は、高さ1.5mの棒状の鍾乳石が幅2mにわたって続き、その名のごとく音が聞こえない滝のようです。また、記念の滝には、洞内最大の高さ11mの鍾乳石があります。
もうひとつの見どころが、2000年前の弥生時代中期の穴居住居跡です。特に当時の人たちが使用していた土器が石灰華で覆われた「神の壺」は、世界でもここでしか見ることができない貴重な遺物です。
 このほか、龍河洞周辺には、洞内から見つかった土器などを展示する博物館、特別天然記念物の尾長鶏を飼育する珍鳥センターがありますので、ぜひ訪れてみてください。
 
 
高知県支部長_有澤芳郎さん HP用.jpg

  有澤 芳郎

    (大学・土木・52年)
 
  ● 高知支部
   活動内容 … こぶし会高知支部総会
            全国一斉ボウリング大会
   所属会員…87名

 

 

こぶし会概要

  

  こぶし会事務局

  

   〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7番1号
   TEL : 076-294-6375 FAX : 076-294-0886
   E-mail : kobushi@kanazawa-it.ac.jp
  

ご住所に変更はありませんか?

ご住所に変更はありませんか?

Loading...
閉じる
金沢工業大学 金沢工業高等専門学校 いいね部活動なう