会報こぶし連載

№52【新 ふるさと自慢】山梨県

2013年7月29日

世界文化遺産登録の富士山 と 武田信玄も食べた?ほうとう

■ 芸術文化の拠り所

 

富士山.jpg
裾野を長く引き、頂には白く雪化粧をした美しい姿は、
海外でも名山と讃えられている 

 日本のシンボルであり、日本人が愛してやまない「富士山」が平成256月、山頂の信仰遺跡群や浅間神社、登山道、富士五湖、白糸ノ滝などとともに世界文化遺産に登録されました。世界遺産には、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3つのカテゴリーがあり、文化遺産での登録は、富士山の姿形の美しさだけでなく、文化的な価値が認められたと言えます。

 古代から噴火を繰り返した富士山は、神が住む霊山として山岳信仰の対象になってきました。また、その円錐形をした美しい姿は、多くの芸術家にインスピレーションを与えました。このように富士山は、日本人の芸術文化の拠り所としての役割を担ってきたことも評価されました。

文化遺産登録を機に、富士山に登ろうと考える人も多いでしょう。富士山は毎年71日に山開きし、8月下旬までの約2カ月間登ることができます。富士山頂から雲海越しに拝む御来光は神々しいまでに美しく、その光景は生涯の思い出になるに違いありません。

  

■ 武田軍団を支えた陣中食がルーツ

ほうとう.jpg

野菜のうまみたっぷりの優しい味わい。各家庭に「おふくろの味」がある 

 提供:社団法人やまなし観光推進機構

 山梨県を代表する郷土食に「ほうとう」があります。小麦粉を練った幅の広い麺と野菜などの食材を一緒に、みそ仕立てのだしでじっくり煮込んだ自慢の料理です。

ほうとうは戦国時代の甲斐の武将・武田信玄が、戦いの陣中食として奨励したと伝わっており、戦国最強とうたわれた武田軍団を食事面から支えました。その後、江戸時代に庶民の間に広まったとされます。

具材はそれぞれの家庭、店によって異なりますが、優しい甘みをプラスするカボチャを入れることが多いです。ほかにダイコンやニンジン、白菜、キノコなどのほか、肉や魚介を入れることもあります。生の麺をそのまま煮込むため、だしににとろみがつくのが特徴です。

できたてはもちろん、一晩おいて味がしみたものをご飯と一緒におかずとして食べるのもおすすめです。夏は冷やしてざるうどん風にしたり、あずきと煮てデザート感覚で食べたりもします。最近は乾麺もあり、お取り寄せすれば家庭でも手軽に味わうことができます。山梨県人のソウルフードを、ぜひ一度お試しください。

   HP用 山梨支部長 .jpg

武井 堅二

   (大学・経営・50年)

●山梨支部

  活動内容…山梨支部総会、

     全国一斉ボウリング大会、

     納涼会、忘年会

  所属会員…264

  

こぶし会概要

  

  こぶし会事務局

  

   〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7番1号
   TEL : 076-294-6375 FAX : 076-294-0886
   E-mail : kobushi@kanazawa-it.ac.jp
  

ご住所に変更はありませんか?

ご住所に変更はありませんか?

Loading...
閉じる
金沢工業大学 金沢工業高等専門学校 いいね部活動なう