会報こぶし連載

№58【新 ふるさと自慢】福井県

2016年7月13日

 ■ シンプルだが奥深いそばと観光の目玉になった恐竜

 

■ 昭和天皇が召し上がった

 
 福井県のグルメと言えば、越前おろしそばを思い浮かべる方も多いことでしょう。そばに大根おろしを添えただけのシンプルな料理ですが、その味わいは奥深く、近年は長寿食として注目を集めています。
 全国的に有名になったのは、昭和22年10月に福井で昭和天皇がおろしそばを召し上がり、皇居に戻られてからおろしそばを食された際に「越前のそばは大変おいしかった」と懐かしんだ逸話が日本中に伝わったからだと言われています。


 越前おろしそばがおいしいのには、2つの理由があります。第一に、北緯36~38度線の地帯には、味や風味の高いそば粉が多いと言われており、福井は北緯36度線上であるため品質の高いそばの実が採れます。そして、昔ながらの石臼挽きで製粉されており、そばの風味が損なわれないことが挙げられます。

 越前おろしそば.jpg
 辛みのある大根がそばの甘みを引き立てます
    提供:福井県観光連盟
 福井県内でのおろしそばの食べ方はほぼ3通りで、

①ダシと大根おろしを別に入れる

②ダシに大根おろしを入れる

③ダシに大根おろしの汁を入れる

です。店ごとに味が異なりますので、食べ歩いてみるのも面白いです。

 

 
 
 
 
 
■ 新種の恐竜も続々

 東尋坊、永平寺に次ぐ人気の観光地が、福井県立恐竜博物館です。平成27年度には93万1422名が訪れており、平成26年度の70万8975名を大幅に上回って、過去最高の入館者数を記録しています。


 福井県立恐竜博物館は、「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の3つのゾーンから構成されており、30体以上の恐竜の骨格をはじめ、1000点を超える標本、大型復元ジオラマや映像など大人から子供までが楽しみながら恐竜のことを学べます。


 恐竜の化石は、日本国内でも各地で発掘されています。その中でも一番多くの化石を発掘しているのが福井県勝山市です。フクイサウルス、フクイティタン、フクイラプトルなど福井の名前がついた新種の恐竜も発掘されています。

 

恐竜.jpg 
    大人から子供まで楽しめる福井県立恐竜博物館
     提供:福井県観光連盟
JR福井駅の駅前広場には、この3体の恐竜の実物大の復元模型があり、首などがリアルに動きます。このように、福井県では「恐竜王国」と銘打って、恐竜を観光の目玉の一つとして積極的にPRしています。
 

 

 

 

 
 
 福井支部・浮田隆之さん.JPG
 浮田 隆之(大学・電気・58年

 

 ●福井支部
 活動内容…福井支部総会、全国一斉ボウリング大会
 所属会員…1973名
 
 
 
 
 
 

 

こぶし会概要

  

  こぶし会事務局

  

   〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7番1号
   TEL : 076-294-6375 FAX : 076-294-0886
   E-mail : kobushi@kanazawa-it.ac.jp
  

ご住所に変更はありませんか?

ご住所に変更はありませんか?

Loading...
閉じる
金沢工業大学 金沢工業高等専門学校 いいね部活動なう