各支部の紹介

​北から南まで48支部

こぶし会には全国47都道府県全てに支部があります。​各支部をご紹介します。

全国の支部一覧

令和2年4月13日現在

 

北海道・東北

道東支部

​支部長 國枝千秋(大学・建築・昭和52年卒)

道東支部は広い北海道の半分がエリアの支部です。現在は、年に一度の支部総会と、全国一斉ボウリング大会に参加することが支部の活動です。まだまだ参加者が少ない状況ですが、二つの事業を継続しながら道東地区の卒業生のネットワークづくりを目標に活動を進めます。
全国のこぶし会会員の皆様、北海道道東は自然豊かな所です。ぜひご家族、友人の皆さんと来てください。その時はぜひご連絡ください!!多くの情報を提供します。

札幌支部

​支部長 菅原 吉孝(大学・建築・昭和55年卒)

青森支部

​支部長 伊勢 陽一(大学・土木・昭和51年卒)

八甲田山、十和田湖、恐山と言えば、ご存知、本州最北端の地、青森県。縄文文化を現在に伝える三内丸山遺跡、世界遺産に指定された白神山地のブナの原生林等々、自然環境の豊かさでは、日本有数の県であります。
映画"八甲田山"で、ご存知と思いますが、雪中行軍の遭難から今年でちょうど110年。犠牲になりました199名の御霊の安らかなる眠りをお祈り申し上げます。
当支部では、毎年、支部総会、ファミリーの集い、ボウリング大会等で、会員及び家族の相互の親睦を深めておりますので参加いただければ幸いです。

岩手支部

​支部長 佐々木 考(大学・電子・昭和53年卒)

宮城支部

​支部長 斎藤 孝一(大学・建築・昭和58年卒)

こぶし会宮城支部は現在、278名の会員がおります。
支部では会員同志の親睦をより活性化する為に組織の改革に取り組んでいます。2ヶ月に一度支部会議を開き、まず支部組織を細分化することにより仙台市中心だった活動を宮城県全域に広げていこうと考えています。このよう活動を強化することによって支部総会に多数の会員がご出席されるよう心よりお待ちしております。

秋田支部

​支部長 浅野 喜秀(大学・土木・昭和51年卒)

山形支部

​支部長 武田 一則(大学・電気・昭和52年卒)

日本海と名峰鳥海山、蔵王山、吾妻山に囲まれた山形県。白本海沿岸地帯の産業活性化に向け、石川県に負けじと同窓生が活躍しております。
山形支部総会を毎年学園よりの来賓を迎え開催しています。
また、当支部はようやく50歳代の会員も増えて、会の話題が学生時代の話に加え、仕事のことや子どものこと、業界の現状等と豊富になってきたように思います。
今年の活動計画では、全国ボウリング大会への参加、芋煮会の開催、支部の会員名簿作成などが、出席者からの提案で決定しました。
今後益々会員の輪の広がりが期待できる楽しみな企画だと思います。役員はじめ総会出席者で協力して成功させたいと思います。
本県に在住の卒業生も300名を超えております。それぞれ各方面で活躍されておられますが、是非毎年のこぶし会の集まりには、都合が許す限り気軽に顔を出して頂ければと願っております。これからの新たな出会いを役員一同楽しみにしております。

福島支部

​支部長 坂本 誠二(大学・機械・昭和53年卒)

福島県は縦2本、横1本の高速道が完成し、2001年は「うつくしま未来博」が中通り地区(福島空港付近)で開催されました。
こぶし会は年1度支部総会をしております。今後も会津、中通り、浜通りと3方部で順次開催したいと思います。会員の多数の出席をお願いします。また、東北ブロックの支部総会等に出席されたい方のご連絡をお待ちしております。

 

関東・甲信越

茨城支部

​支部長 橋本 琢磨(大学・電気・昭和59年卒)

年に一度学園の先生方の来訪煮合わせ支部総会を開催いたしております。総会といっても堅苦しいことは抜きにして、同じ茨城にいる者同士近況報告などで親睦をたかめて行きたいと考えています。是非参加をお願い致します。
毎年、どうしたら参加者が増えるのだろうと考えてはいるのだけれど、15,6人の参加に留まっています。交通の便等活性化に不利な点もありますが、今後とも支部会員皆様の力あっての支部会でありますので、みんなで盛り上げて行きましょう。
参加者を増やす良いアドバイス等是非ご意見をお寄せ下さい。

栃木支部

​支部長 菊池 清孝(大学・土木・昭和53年卒)

この世には絶対ということはない。人間によって形づくられたモノは自然の力には手の施しようもないことを、平成16年11月の新潟中越地震での応援給水活動(小千谷市ガス水道局)で知ったところです。
前支部長から引継ぎ、まだ何もできないところですが、若い人たちが栃木県、日本のために精進できる道筋をつけることができればと考えております。

群馬支部

​支部長 中島 洋一(大学・情報・昭和63年卒)

我々こぶし会群馬支部は、夏の支部総会しか活動していませんが、この総会を楽しみにしているメンバーがたくさんおり、遠方ではあるが都合をつけ、いつも開催できる運びとなっております。今後は、より-層の支部活性化に努めたいと思いますので、支部総会に参加してもらえますようご案内方々お願い申し上げます。
なお、総会当日の昼間の拯友会には、総会に参加される以外にもたくさんの先生が見えておりますので、一度お顔を出されても楽しいかと思います。

埼玉支部

​支部長 小林  勝(大学・経営・昭和52年卒)

平成19年度より、埼玉支部長に就任いたしました。
埼玉支部は関東こぶし会に属し、東京・千葉・神奈川の各支部と連携しながら活動しております。会員の皆様にできるだけ多く参加を頂くために、様々な行事を計画し、活性化を図っております。
首都圏の会員の皆様が気軽に参加されますよう、お待ちいたしております。ご協力のほど、よろしくお願いします。

千葉支部

​支部長 中村 幸蔵(大学・電子・昭和63年卒)

こぶし会千葉支部の皆さんこんにちは。あなたは、金沢工大学園に学んで、今千葉県に住んでいらっしゃるのです。
青春を謳歌した金沢の事を懐かしむことはありませんか,千葉に住んでいながら、若き日を体験できる方法があります。
それは千葉、東京、埼玉、神奈川で編成する関東こぶし会に出席することです。こぶし会報で案内いたしますので、その際は是非ご参加ください。会社勤めでくたくたになっていても、学園との出会いは新たな希望を見出せるのです。

東京支部

​支部長 飯田 宏幸(高専・電気・昭和61年卒)

神奈川・千葉・埼玉・東京の1都3県合同の「関東こぶし会」として活動しています。
「所属支部無関係、何時でも誰でも参加出来る会」が目標です。
活動状況は、会報とこのホームページでお知らせしますので、気軽に参加して下さい。

神奈川支部

​支部長 菱川 英海(大学・機械・平成 3年卒)

会員の皆様、普段は会社や地域の方々とのお付き合いが多いかと思いますが、学園の友人・先輩・後輩或いは先生方とたまには昔話に花を咲かせ、また新たな知見を得たり人生を謳歌する場として「こぶし会」の活動に来てみませんか。
神奈川支部は「関東こぶし会」に属してだおり、東京・千葉・埼玉の各支部と連携しながら東京の学園事務所を拠点に活動しております。関東4都県に通勤やお住いの会員の皆様が県境を越えて他都県の旧友・先輩・後輩とも気軽にコンタクト出来るよう、様々な行事を企画して同窓会の活性化を図っております。また、神奈川県内にお住いの多くの会員の皆様に対して今後独自の活動の企画を考えております。
会員の皆様がお気軽に参加出来、楽しめるような会にしていきたいと思いますので、ご参加ご協力の程、よろしくお願いします。

 

東海・北陸

新潟支部

​支部長 山岸 栄一(大学・建築・昭和62年卒)

富山支部

​支部長 西田 康博(大学・電気・昭和52年卒)

こぶし会富山支部は恒例のボウリング大会に新しくゴルフコンペも行事に加えて会員の交流の場を広げました。特に新世紀の始まりの年には女性会員の参加を増やして、支部活動の活性化のために、ともに楽しく夢のある支部を創りたいと思います。是非、役員の仲間入りをして活動してみませんか!待っています。

高岡支部

​支部長 水上 浩典(大学・情報・昭和60年卒)

母校へは30分~1時間で行ける距離に住んでいる会員の方々ですが、なかなか母校訪問の機会は少ないのではないですか。年1回開催の支部総会には、ぜひ参加いただき学園の状況を聞いてみませんか。意外な事に気付くかもしれません。
支部行事としてはボウリング大会、ゴルフコンペも行なっておりますので、参加をお待ちしております。

*高岡支部のFacebookページへ

石川支部

石川県にはこぶし会会員の約3割が在住しておりますが、支部独自の行事は行なわず、こぶし会全体の行事に参加する様呼びかけております。
学園のお膝元でありながら、なかなか訪れる機会が無いのが現状かもしれませんが、近くをお通りになられたら、気楽にこぶし会事務局まで声を掛けてください。

福井支部

​支部長 浮田 隆之(大学・電気・昭和58年卒)

21世紀に向けて新しい出発をする為に、平成18年に役員を改選しました。現状は、『1度の出会いを大切に世界に広げよう"こぶしの和(輪)"』をスローガンに年1回の支部総会を開催。老若男女熱烈歓迎。
今後、大きな和を創作する為、支部活勤を活発にしたいと思っていますので皆様の御協力をお願いします。

山梨支部

​支部長 野村 洋一(大学・土木・昭和53年卒)

長野支部

​支部長 佐原 弘一(大学・土木・平成17年卒)

長野県は、北信、東信、中信、南信と大きく4のブロックに分かれており、地理上の制約があります。長野新幹線が開通して、東京~長野間79分に比べ、県内の飯田~長野間90~100分の方が長くなりました"そのような条件下の中で、こぶし会として、今後、北信、南信その他の地域の会員と定期的な情報交換、年1回は学園の先生方との交流、もう1回は内部のみでと考えております。
いづれにしても、同窓の絆を大切に、惰報を資金として、そのネットワークの構築に邁進したいと考えております。

岐阜支部

​支部長 波多野篤志(大学・土木・昭和60年卒)

平成23年より岐阜支部長になりました波多野です。
当支部は年一回の支部総会を行っており毎回先生方や、先輩後輩の交流の場として絶賛を得ております。
まだ参加したことのない人、一度いらして下さい。

静岡支部

​支部長 勝又 宏幸(大学・建築・平成 2年卒)

静岡県は、東海道筋に多くの都市が連なり、2,500名を超える会員の住まいも広範囲に亘っています。このため、支部総会も例年、静岡と浜松の2会場で開催しています。

静岡支部独自の活動として、袋井市にある小笠山運動公園(エコパスタジアム)で開催される学生フォーミュラ日本大会で、金沢工大チームの応援を行っています。

興味のある方、静岡に来る予定のある方など、お気軽に御連絡ください。

愛知支部

​支部長 渡瀬 正人(大学・機械・平成11年卒)

三重支部

​支部長 渡辺 味(大学・機械・昭和54年卒)

こぶし会三重支部では、現在、会員同士をむすぶネットワーク強化を目指しており、ホームページの開設や交流会の開催を予定しています。ホームページは、時間を気にせずに会員交流の新しい場を提供できます。交流は、新しい力を生み出します。ぜひ、活動に参加してみてください。
支部活動については、まだまだ不十分な点が多々あると思われます。当支部に関する要望等がございましたら、どんなことでもご連絡ください。

■事務局 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7番1号

 TEL : 076-294-6375 FAX : 076-294-0886

bnr_area_kit.gif
bnr_area_ktc.gif
BackUp_こぶし会用バナー.png